急成長中の太陽光発電とは?

よく目にするけど、よくわからない、そんな方にお勧めです。

太陽光発電について興味を持ってどこのメーカーにしようと考えている時ってちょっと楽しみで探しているという場合もあるとおもいますが、もし実際に導入するとなった時にはどのような流れで話が進んでいくのだろうというのもなんとなく覚えていくと慌てなくて良いかもしれません。
太陽光発電を設置しようとした時には、まず設置に関しての見積もりをしてもらったり調査をしてもらうことになります。
自分の家の状況で設置することが可能なのかということを調べてもらったりします。
この時に電力会社からの検診の紙等を準備しておくとスムーズに調査できると思います。
また家の図面なども可能であれば準備しておくべきかもしれません。
実際に見積もりや調査をしてもらってから色々な設置に関しての提案をしてくれると思いますのでこの時点で発電のシミュレーションや見積もり金額などを参考にして色々と検討していくことになると思います。
実際に設置をすることが決まったらやることといえば国に対して補助金の申請をします。
県や市などの自治体の補助金に関しては設置後に申請する場合がい多いのですがこのタイミングはそれぞれ自治体に問い合わせてみてください。
国の場合は設置前に申請をして受理されたら設置工事をして工事が終わったら工事完了報告をするという流れで補助金の申請をしていくことに成ります。
なので最初にまずは話が決まったら国に補助金の申請をするようにしましょう。
実際の設置前に設置工事をする前に調査をしてきます。
太陽電池やパワーコンディショナやメーターなどの取り付ける前に設置する場所があるのか、その場所は設置場所として安全性があるかという調査をしていきます。
こういった調査をしてから実際に施工していきます。
施工工事中は一緒に電気工事もしていくことになりますので一時間ほど停電することになるとのことです。
工事は全体的に1日で終わる場合や2日かかるというケースもあります。
そういった工事をしてから実際にシステムが運用されていくということになるのです。
これらの流れをなんとなく覚えておきましょう。