急成長中の太陽光発電とは?

よく目にするけど、よくわからない、そんな方にお勧めです。

Category: 岐阜県内で行う太陽光発電

再生可能エネルギー買取法案が可決されて、再生可能エネルギーと呼ばれる発電が行われるようになって、今夏の7月で1年となります。
岐阜県の存在している中部地方に電気を供給している中部電力は、水力発電が占める割合が他の電力会社よりも高く、そういう意味で再生可能エネルギーは昔から利用されていたといえます。
しかし、その分、火力発電には頼っていなかったので、原子力発電所に頼る割合は決して低くはなく、原子力発電所の再稼動が見込み薄の現状では、ダメージが他の電力会社と同様大きいといえます。
今夏も暑い夏が予測されていますので、電力不足による節電が必要となることは間違いなさそうです。
ではその状況を少しでも緩和する方法は何かというと、それは太陽光発電しかないということです。
幸い岐阜は県域が広く、地要綱パネルを設置する場所の確保が他の地域に比べて有利といえます。
大きく分けて、北は山地の南斜面。
南は河川敷や輪中の中です。
まず、北の山地ですが、なだらかで広い山域を持つ恵那山は、ほとんど開発されていない山で、南側の斜面は広b路と太陽光パネルの設置に利用できるスペースが充分存在しています。
南に傾いた斜面を利用することで、南を回る太陽の軌道に向かって太陽光パネルをむけることができ、冬季でも高い角度を確保できるようになります。
また、木曽川や揖斐川、長良川の河川敷、それらの交わるところにできた輪中の中は広々とした敷地が存在し、今では水害も起こりにくいため、パネルの設置に適しています。